講座を申し込む

file_download

月3,300円でオンライン動画が受講できる月額制サービス

ライティング講座

地方在住でも好きな時間に!

副業で月5万円以上!

当ライティング講座は

大手メディアの継続的な案件受注や著名人の書籍執筆代行の仕事を受注するやり方を教えております。在宅の空いた時間、子育てや介護をしながらでもお仕事ができますよ!

体調の波があっても自宅で安定した収入、地方でも都会並みに稼ぐことも可能です。過去にライター未経験からスタートし、徐々にスキルアップして現在月収100万円の方もいます!

受講者の声

ライティング未経験の副業を探していたOL・山本さん

「未経験でもライティングは稼げるんだ」と実感しました。

私の場合は講座をはじめてから3ヶ月目で、1契約15,000円のお仕事を4本頂き、月60,000円の売上が出せました。そのときは、「本当に自分が書いた文章で報酬が頂けるんだ!」と本当に感動しましたし、会社からもらう給料とは違って、自分で稼ぐスキルが手に入ったことが何よりも嬉しかったです。



ライティング未経験サラリーマンから独立・権藤さん

サラリーマンから独立!年収2.5倍になりました。

働いても上がらない給料をずっと感じていたので、自分で稼ぐスキルを探していました。この講座のいいところは、ライティングのスキルだけではなく営業のノウハウも惜しみなく公開しているところです。自分のライティングスキルの売り込み方まで学べたので、報酬を得るところまでは結構あっという間だったなという感じでした。今では、会社員だった頃の収入2.5倍。まだまだ伸び代はあると思うので、これからも受講して成長していきたいと思います。



ライティング未経験から在宅副業に成功・田中さん

子育てしながらママライターに!スキマ時間で月5万円

私は地方住まいで、子育てしながら働ける環境が本当になく、在宅の仕事を探していた時に偶然この講座に出会いました。ネット環境を使った隙間時間に月に5万円の収入は、すごくありがたいです。さらに子供の成長を近くで見ながらお仕事できることも安心ですね!もっともっと伸ばせそうですが、子供がもう少し大きくなってから本格的にはじめていきたいと思います。



当講座を受講する5つのメリット

1.スキルがない初心者から、稼げるプロライターに成長できる!

2.大手メディアの継続的な案件を受注できるようになる!

3.未経験でも月収5万円~100万円以上稼げるようになる!

4.著名人の書籍執筆代行を受注できるようになる!

5.在宅で育児をしながら隙間時間でも収入を得られるようになる!

講師紹介

はじめまして。プロのライターを養成する塾を運営している橋本絢子(はしもとあやこ)と申します。ライティングやデザインなど、クリエイティブ関連の仕事を20年近く続けております。

私がクリエイティブ関連の仕事をしようと思ったきっかけは、もともと持病であまり体が強い方ではなかったこと、そして小学生の頃に怪我で4ヶ月の入院生活を経験したことです。

「たとえ寝たきりになっても、毎日会社に通う必要がなく、収入を得られる仕事がしたい」と思いました。当時はインターネットが普及し始めていましたので、インターネットを使う仕事に大きな可能性を感じていたのです。

それから紆余曲折あり、高校・大学では不登校や引きこもりも経験。生まれ育った地元を出て経済的に自立したいとの思いが強く、試行錯誤の日々でした。

運良く大学在学中にクリエイティブ関連の仕事に就くことができ、そのまま就職。数年後に訪れたリーマンショックの直後には、「20代の若い時間を無駄に過ごしたくない」との思いから、会社をやめて独立起業。貯金もなく、借金のある状態からのスタートでした。

その後、企業のメディア構築、プロモーション、セールスレター、コンテンツ記事制作などの案件に携わり、2010年以降は「仕事に直結するプロライター養成塾」をはじめ、自社開催の講座もスタート。講座やセッションの受講者数は500名以上。

女性の経済的自立をミッションに、時間や体調に左右されない自由な働き方を啓蒙しています。

現在はメディア運営・法人・個人コンサル、プロモーションサポートを行いながら、田舎でスローライフを送っています。簡単な自己紹介会動画を用意しましたので見ていただけたら嬉しいです。



受講カリキュラムの一部を紹介

紹介している内容はカリキュラムの一部であり、学習動画から必要な内容をいつでもご覧いただけます。

動画は繰り返し視聴することが可能で、ご自身が知識を取得できたタイミングでいつでも解約が可能です。

コンテンツ記事の書き方

コンテンツ記事の書き方のコツ(初級編)

verified

コンテンツ記事の書き方のコツ(中級編)

verified

コンテンツ記事の書き方のコツ (上級編)

verified

コンテンツ記事の書き方のコツ (番外編)

verified

「伝わる文章」と「伝わらない文章」の違い

verified

コラム記事の書き方

コラムとは何か?

verified

コラムを書く上で大切にしたい3部構成

verified

読ませるコラム、タイトルの作り方5ポイント

verified

説得力のあるコラムに欠かせない3原則

verified

全人類が感動する3要素とは?

verified

「伝わる」コラムを書く7つのコツ

verified

コラム執筆前の取材を行なう際に、心がけたい3ポイント

verified

コラムのネタが思い浮かばないとき、とっておきのネタの選び方

verified

個人向けコラム文章と法人向けコラム文章の違い

verified

セールスレターの書き方

商品コピーを書く際に必要な確認事項

verified

ネットで売れるコピーを書くための5つの質問

verified

論理的な文章の書き方

「論理的」の意味

verified

論理的な文章を書くには

verified

具体的な商業文章で読み手の信頼を勝ち取る

verified

読み手を迷わせない修飾語の使い方

verified

文章のビジュアルにもこだわる

verified

文章の論理性を高めるひと手間

verified

読み手の反応を先に決める

verified

「結論が先」は絶対条件?

verified

その修飾語、本当に必要ですか?

verified

共感を呼ぶ文章の書き方

verified

キャッチコピーの作り方

自分を知る

verified

ターゲットを明確にして理解する

verified

ターゲットの絞り方

verified

ターゲットに伝えるメッセージを決める

verified

コンセプトから表現されたコピーへ

verified

お客様が買わない理由を10個書き出す

verified

脅しのコピーは効果的か?

verified

見出しの作り方

雑誌の見出しコピーから学ぶ、読ませるための工夫

verified

思わず先を読みたくなる導入文を書く5つのテクニック

verified

インタビュー記事の作り方

「話し言葉」と「書き言葉」の違い

verified

業界の平均値を知る

verified

インタビュー記事作成のコツ

verified

成果が求められる広告における取材前の仮説の立て方

verified

取材目的に合わせた記事パターンと文体

verified

読者、取材目的をイメージして素材を編集する

verified

伝わる対談記事の書き方

verified

日々の効果的な文章のトレーニング方法

文章力はどうやって身につければいい?

verified

感情が動いたときはアウトプットのチャンス

verified

写経のすすめ

verified

日常のちょっとした「発見」を書きとめよう

verified

効率的な仕事の進め方

文章をなかなか書き出せないとき

verified

文章校正ツールに頼り過ぎない

verified

売れっ子ライターが必ず行っている、最後のひと手間

verified

仕事に追われない時間の使い方

verified

納期遅れを防ぐスケジュール管理方法

verified

頭を寝かせる時間もあらかじめ計画に入れておく

verified

ライターの営業術

ライターデビュー後、どうやって仕事を増やせば良い?

verified

未経験からの「実績」の作り方

verified

Facebookは怖くない

verified

適正なお見積りの出し方

verified

「ゴーストライティングの見積りの出し方を教えてください」

verified

お客様がお仕事をお願いしたくなるライターの条件

verified

法人のお客様と新規お取引をするために必要なこと

verified

名刺は3種類持ちましょう

verified

ライターは足で書いて恥もかく仕事

verified

インタビューライターになる方法

verified

売上アップのための営業マインド

verified

「安い仕事しか来ません」

verified

なぜ、仕事が来ない?

verified

リピート発注をいただくライターさんが心がけていること

verified

もしかして独立向きじゃない?

verified

それ、本当に喜ばれていますか?

verified

ビジネスパートナーの見極め方

verified

自分の得意分野を持つ

verified

お仕事をいただけるプロフィールの書き方

verified

自分の好きな分野でプロのライターになる方法

verified

地方在住の方が新規のお仕事を受注する方法

verified

地方在住者が継続的に高単価の仕事を受注する方法

verified

地方在住ライターほど仕事が決まりやすい!?

verified

まずは自宅で仕事をすることに慣れたい方へ

verified

人脈の作り方、まずは「師匠」のような人を探す

verified

継続的にお仕事をいただけるライターとは?

verified

大企業から定期発注がくるフリーライターになるには?

verified

コラム・エッセイのお仕事をいただく方法

verified

高額な仕事を受注し続けるライターの特徴

verified

これから生き残るライターの条件

verified

ブロガーからフリーライターになる方法

ライターを名乗ることからはじまる

verified

業界の知識を持ち、仕事の全体像を掴む

verified

サンプルを作り、発注者の信頼を得る

verified

Webを使い在宅で仕事を獲得する方法

verified

第三者からライターとして紹介してもらう方法

verified

お客様対応のポイント

プロは、すべてのお客様と一対一で向き合う

verified

「この人は特別な存在」と思っていただくために

verified

いただいた仕事は最後までやり遂げる

verified

忙しいときほど自分から短納期にする

verified

お客様の前で言わない方がよい言葉

verified

フリーライターデビュー後にぶつかる3つの不安を乗り越える方法

verified

その「お客様マインド」を捨てない限り、稼げません

verified

「具体的な金額が決まらないまま発注が来ます」

verified

スケジュールに対して受け身にならない

verified

感情をコントロールしよう

verified

お客様に「クオリティが低い」と言われた時の対処法

verified

いつも感謝の気持ちを忘れずに

verified

お客様とのコミュニケーションであなたの価値が決まる

verified

お客様との信頼関係を築くために 、言い訳はしない

verified

お客様から修正が入ったら、学びのチャンス

verified

お客様から「ニュアンスが違う」と 言われたとき

verified

トラブルを防ぐ方法

verified

「報・連・相」のできるライターを目指そう

verified

お客様との関係性を崩さずにお仕事をお断りする方法

verified

ビジネスメールのマナー

ビジネスメールの基本マナー

verified

お客様から信頼されるメール文章の書き方

verified

デキるライターのメール術

verified

ビジネスメール・件名(タイトル)で読ませる

verified

ビジネスメールの本文はシンプルに見やすく

verified

ビジネスメールは結論を先に

verified

好印象なビジネスメールの書き方

verified

ライターの仕事のリアル

副業でもライターの仕事はできますか?

verified

1記事50円や100円のライターの仕事はやるべきですか?

verified

多様化する法人からの依頼

verified

華やかな仕事をしたいなら

verified

華やかに見える仕事の舞台裏

verified

精神疾患があってもライターの仕事は始められますか?

verified

年齢を重ねることが、武器になる仕事

verified

ライターは安定性の高い仕事です

verified

フリーライターとして一歩踏み出した後に待っていること

verified

ライター体質になるために

「ライターに向いている人」とは?

verified

当たり前のことをバカみたいにちゃんとやる

verified

あなたはどっち向き? 専門分野を究めたライター VS なんでも書けるライター

verified

完璧を目指しすぎない

verified

コピーライターという仕事について

verified

売れっ子ライターの真似をしてみよう

verified

せっかく書いたのに勿体ない・・・はナンセンス!

verified

自分のストーカーになっていますか?

verified

体調管理の鉄則

verified

プロのライターに向いているのは社交的な人

verified

仕事量を減らして収入を上げる方法

verified

インタビュー・取材時に気をつけるべき点

インタビューの成功は第一印象で決まる!押さえるべき3つのポイント

verified

初対面の場をあたためる「アイスブレイク」

verified

相手の話を引き出す「相槌(あいづち)コミュニケーション」

verified

プロライター必携のツール ICレコーダー

verified

取材時における音声録音の必要性

verified

ICレコーダーとメモの使い分け方

verified

取材の「質問力」を高めるためには?

verified

原稿の完成形をイメージしてからインタビューする

verified

取材時に必要な3つの確認

verified

インタビューで相手がたくさん喋ってくれる方法

verified

夢を叶えるマインド

今、自分にできる努力は全部やる

verified

失敗に対する恐れの克服法

verified

収入は支出に比例する

verified

「コミュニティの人間関係につかれました」というご相談を受けて

verified

自己肯定感を高めてビジネスを加速させる方法

verified

独立1年後の壁を突破する方法

verified

運はセルフイメージで決まる

verified

良くある質問

Q.本当にプロのライターになれますか?

A.ライターになるには特別な資格は必要ありません。名刺に「ライター」という肩書きを名乗ったその日から、ライターデビューです。簡単になれる仕事であるだけに、ライバルの多い世界です。プロとして認められるには「締め切りを絶対に守る」「報告・連絡・相談がしっかりできる」「てにをはがきちんとしている」など、最低限のことはもちろん、プラスアルファの専門性が必要とされます。私の考えでは、クライアントが求める以上の価値を提供するのが「プロ」です。たとえば料理屋さんをイメージしてみてください。多少値段が高くても、感動的に美味しいお店だったら「また行きたい」と思いますよね。それがプロの仕事です。料理は少し覚えれば誰にでもできます。文章も同じで、素人でもそれなりの文章を書くことができます。しかし、常に一定以上の高いレベルで読み手を感動させられるのが「プロの仕事」です。このセミナーではあなたのレベルを、文章レベルだけでなくワークスタイル、生き方全般において「プロ」の基準まで引き上げていく予定です。

Q.月収15万円は最低限、確保したいのですが。

A.よほどのコネが無い限り、初月から月収15万円は難しいかもしれません。最低限のキャッシュが必要な方は、最初のうちは他の仕事も兼業しながらライターの仕事を始めていただくことになります。他の仕事と家庭、ライター業を両立させるコツは個別コンサルでお話いたします。「量は質に転化する」という言葉の通り、短期間で失敗も成功も含めて多くの経験を積み、実績を作ることができれば、徐々に収入を上げていくことが可能です。もちろん、収入を上げるには自分自身の努力が必要です。「楽して一攫千金」は、一時的には良い思いをするかもしれませんが、実力以上の報酬は時に、人を不幸にします。コンスタントに収入を上げ続けるためには「正しい自己評価」が必要です。急激なダイエットをするとリバウンドしやすくなるように、無理をすると必ずガタがきてしまいます。コンスタントに収入を得るまでには、地道でコツコツとした努力が必要です。人によっては時間がかかるかもしれません。だからこそ、早めにスタートを切ることをお勧めします。

Q.ライターは子育てをしながらでもできる仕事ですか?

A.外出しての取材や打ち合わせが必要な場合もございますが、今は電話やメール、スカイプなどで打ち合わせができる仕事も多くあります。取材の音声を録音したテープをデータでお送りし、テープ起こしをお願いする仕事も多数ございます。外出を伴うディレクションができる方はそれだけ収入アップのチャンスもありますが、お子様が小さいうちはご自宅で、無理なく経験を積んでいただくことも可能です。在宅で、自分のペースでできる仕事ですので、家事の合間に、子供を寝かしつけてからの2時間…といった形で、うまく時間をやりくりしながら取り組むことが可能です。ご家庭の状況・環境によってベストなワークスタイルがあると思いますので、詳しくは個別コンサルにてご相談いただければ承ります。

Q.私には文才が無いのですが・・・

A.「文才がない」という自覚があるなら、それだけ努力のできる方だと確信しております。むしろ「自分は文章が得意だから大丈夫」と実力を過信している方の方が苦労する場合が多いです。(私もその一人でした)。実際、スタートアップ段階で「文章は得意だから大丈夫」と思っている方も、プロとしてデビューしてからは打ちひしがれることが多いです。クライアントの意向を謙虚に汲み取り、読み手への「やさしさ」に気をくばることのできる方は成長も早いです。文才の有無は、成長スピードには関係ありません。最も大切なのは「仕事を愛せるかどうか」です。

Q.社会経験が少ないので、コミュニケーションスキルに自信がありません。

A.「人と話さなくても済むから」といった理由でライターになる方が多いようですが、これは間違いです。ライターほどコミュニケーションスキルが必要な仕事はありません。取材時の取材対象者とのコミュニケーション、クライアントとのコミュニケーションなど、「言葉」を生業とする仕事だけに、「伝えたいことを的確に伝えるスキル」が必須です。社会人経験に乏しいだけにコミュニケーションスキルに自信が無いのは仕方の無いことですが、「コミュニケーションスキルに自信の無い」自分をいつまでも甘やかしておいては良い変化は訪れません。「できない自分」を「できる自分」に変えるには、一歩を踏み出す勇気が必要です。今、踏み出すか、先延ばしにするか。それはあなた次第です。

ライティング講座
プラン内容

ライティング講座

月額3,300円

オンライン動画学習

月1回オンラインディスカッション

習熟度チェックテスト

※カリキュラムは随一追加されます。

本格的に学習して
人生をもっと豊かに

月額3,300円(税込み)でオンライン動画受講をしたい方はこちら